ウィリアム・ハント・ペインター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィリアム・ハント・ペインター

ウィリアム・ハント・ペインター(William Hunt Painter、1835年7月16日1910年10月12日)はイギリスの植物学者である。ダービーシャーの植物相についての最初のまとめた著書を執筆した。

略歴[編集]

バーミンガム近くのAstonに生まれた。父親は雑貨商である。銀行で働いた後、イギリス国教会の聖職者になることを決めた[1] 。1861年にチェルシーで説教助手を務め、イギリス教会宣教会(Church Missionary Society)から海外に派遣されることを希望していたが、ウェストモアランドのバーボンの副牧師として働くことになり、そこで、ロバート・ウッド師と出会い、植物学の世界に進んだ。

1865年にハイウィカム(High Wycombe)の副牧師(curate)になり、キューガーデンの標本館で働き始めていた、ジェームズ・ブリテンと出会った。ブリテンは熱心なカトリックであり、宗教的な立場は異なったが、植物学を通じて、親しく交際した。1871年に結婚して、ベドミンスターなどで副牧師を務めた[2]

ダービーシャーの植物を研究し、1881年に論文を書き、1889年に補足の論文を書き、これらの研究結果は『ダービーシャーの植物』("Contributions to the Flora of Derbyshire")にまとめられた。1891年にBiddulphの副牧師となり、1894年にStirchley の主任牧師になった。1898年から苔類の研究を始め、その後植物研究に専念した。採集旅行や標本の交換会に参加し、ダービーシャーやブレコン、ファルマスやカーディガンシャーの苔類に関する論文を執筆した。1909年までStirchleyに住み、引退する前に収集した標本をアベリストウィス大学に寄贈した。翌年、死去しStirchleyに葬られた。熱心な植物交換会クラブ(Botanical Exchange Club)の会員であった[3]。ペインターの集めた標本はアベリストウィス大学だけでなく、キューガーデンオックスフォード大学ロンドン自然史博物館などにも残されている。

Painterは、植物の学名命名者を示す場合にウィリアム・ハント・ペインターを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

参考文献[編集]

  1. ^ 1851 census, (Registration district: Birmingham, St Mary’s)
  2. ^ Members of the Moss Exchange Club, Mark Lawley, Royal Botanical Gardens, Edinburgh, accessed March 2011
  3. ^ William Hunt Painter”. Herbaria@Home. 2011年3月28日閲覧。