ウィリアムズハコヨコクビガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィリアムズハコヨコクビガメ
William's African Mud Turtle (Pelusios williamsi) (7080593585).jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: カメ目 Testudines
亜目 : 曲頸亜目 Pleurodira
: ヨコクビガメ科 Pelomedusidae
亜科 : アフリカヨコクビガメ亜科
Pelomedusinae
: ハコヨコクビガメ属 Pelusios
: ウィリアムズハコヨコクビガメ
P. williamsi
学名
Pelusios williamsi
Laurent, 1956
和名
ウィリアムズハコヨコクビガメ
英名
William's mud turtle

ウィリアムズハコヨコクビガメPelusios williamsi)は、ヨコクビガメ科ハコヨコクビガメ属に分類されるカメ

分布[編集]

  • P. w. laurenti ローレントハコヨコクビガメ

タンザニアヴィクトリア湖ウケレウェ島周辺)固有亜種

  • P. w. lutescens エドワードハコヨコクビガメ

ウガンダ西部、コンゴ民主共和国東部のアルバート湖エドワード湖およびその周辺

  • P. w. williamsi ビクトリアハコヨコクビガメ

模式産地はヴィクトリア湖(ケニア

ウガンダ南東部、ケニア西部、タンザニア北部のヴィクトリア湖およびその周辺

形態[編集]

最大甲長25cm。背甲上から見ると中央部かやや後方で最も幅広くなる細長い卵型。椎甲板にあまり発達していない筋状の盛り上がり(キール)があり、上部は平坦でわずかに凹む。後部縁甲板の外縁は尖らない。背甲の色彩は黒や暗褐色一色。背甲と腹甲の継ぎ目(橋)には腋下甲板がない。腹甲は腹甲板と股甲板の継ぎ目(シーム)でわずかに括れる。間喉甲板は細長くやや大型で、横幅は左右の腹甲版と股甲板のシームの長さの0.25倍以上。蝶番は第5縁甲板中央部より後方に接する。前部の甲板(前葉)は長く、左右の腹甲板の継ぎ目の長さ(間腹甲板長)の2倍以上。左右の肛甲板の間には深い切れ込みが入る。左右の股甲板の継ぎ目の長さ(間股甲板長)は、左右の肛甲板の継ぎ目の長さ(間肛甲板長)よりも長い。

頭部は大型で、分厚い。吻端は突出する。上顎の先端が浅く凹み、その両脇が突出する個体もいる。下顎には小さい髭状突起が2本ある。頭部の色彩は緑褐色や暗褐色で、淡褐色や黄褐色、灰色などの虫食い状の斑紋や斑点が入る。四肢や尾の色彩は褐色や暗灰色だが、成長に伴い基部や腹面が淡黄色になる。

  • P. w. laurenti ローレントハコヨコクビガメ

間喉甲板の縦幅は、前葉の縦幅の半分より長い。前葉の縦幅は、後葉の縦幅と同じかやや短い。腹甲の色彩は黄色で、暗色の斑紋が入る。

  • P. w. lutescens エドワードハコヨコクビガメ

間喉甲板の縦幅は、前葉の縦幅の半分より短い。前葉の縦幅は、後葉の縦幅と同じかやや短い。腹甲の色彩は黄色で、灰色や褐色の斑紋が入る。

  • P. w. williamsi ビクトリアハコヨコクビガメ

間喉甲板の縦幅は、前葉の縦幅の半分より長い。前葉の縦幅は、後葉の縦幅よりも長い。腹甲の色彩は黒や暗褐色で、シーム周辺は淡黄色。

分類[編集]

  • Pelusios williamsi laurenti Bour, 1984 ローレントハコヨコクビガメ Ukerewe Island mud turtle
  • Pelusios williamsi lutescens Laurent, 1956 エドワードハコヨコクビガメ Albert nile mud turtle
  • Pelusios williamsi williamsi Laurent, 1956 ビクトリアハコヨコクビガメ Lake Victoria mud turtle

生態[編集]

水深の深い河川などに生息する。

食性は動物食傾向が強いと考えられている。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることがあり、日本にも輸入されている。世界的にも流通例は少ない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ2 ユーラシア・オセアニア・アフリカのミズガメ』、誠文堂新光社2005年、111頁。
  • 安川雄一郎 「アフリカヨコクビガメ亜科の分類と自然史 その1」『クリーパー』第34号、クリーパー社、2006年、8-11、20-21、52-55頁。