イーストフード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イーストフードとは、出芽酵母栄養源としてパンや菓子類に使用する食品添加物のうち、食品衛生法において「イーストフード」の一括名称での表示が認められたものをいう[1]。安定した品質でパンを大量生産する為には必須とされている。出芽酵母が必要とする代表的な栄養素は、窒素(N)、リン酸(H3PO4)、カリウム(K)。

数類程度をビタミンCあるいはアセロラ粉末[2]などの酸化防止剤や酵素剤とともに添加する。

認められている食品添加物[編集]

いくつかの物質はベーキングパウダーとしても使用されている[3]

安全性に対する議論[編集]

日本国内においては使用基準が定められ、国際的には、JECFA(FAO/WHO合同食品添加物専門家委員会)において、イーストフードの安全性が評価されている[4]

安全性に対し提議する内容のネット上の記事があり[5][6]、科学的根拠に基づかず不安を煽る内容のネット上の記事は多い[7][8]

一方、法律上表示義務のない同様な物質を含有する成分を用いながら[9][2]、イーストフードの不使用を強調表示が行われた商品[10]が存在し事実誤認を与える表示であると指摘されている[9]

代替え物質[編集]

「発酵補助」や「生地改良素材」として販売される[2]。使用されている原料物質は、米粉、米麹、酵母、大豆粉、粉末状植物性たん白、マルトデキストリンなど[2]

出典・脚注[編集]