イヴァン・ムスチスラヴィチ (ルーツク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イヴァン・ムスチスラヴィチロシア語: Иван Мстиславич、? - 1227年)はムスチスラフ・ヤロスラヴィチの唯一の子である。ルーツク公1227年

イヴァンに関しては、『ガーリチ・ヴォルィーニ年代記(ru)』にのみ記述がみられる。すなわち、イヴァンの父ムスチスラフは自身の領土をヴォルィーニ公ダニールに譲渡したのち死亡し、イヴァンもまもなく死亡したという記述のみである。

イヴァンの妻子についても記録は残されていない。

参考文献[編集]