インテル国際学生科学フェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インテル国際学生科学フェア(インテルこくさいがくせいかがくフェア、Intel International Science and Engineering Fair, Intel ISEF)は、毎年5月に行われる高校生を対象とした世界最大の科学コンテストである。また、「科学のオリンピック」とも呼ばれる。日本では、日本学生科学賞(JSSA)またはジャパン・サイエンス&エンジニアリング・チャレンジ(JSEC)で上位入選した中から選ばれたものが派遣されている。

1500人以上の学生が、およそ70ヶ国から集まり、賞を目指して競う。 上位一名に$75,000、次位2名に$50,000が贈られる。 2012年時点で、Intel ISEFに出場した中から7名がノーベル賞を受賞している。

概要[編集]

1950年、アメリカの非営利団体サイエンスサービスによって「National Science Fair」が始まり、1960年に「International Science and Engineering Fair (ISEF)」と改称。1997年よりインテルがタイトルスポンサーとなり「インテル国際学生科学フェア(Intel ISEF)」となった。

選考[編集]

参加[編集]

分野[編集]

賞の種類[編集]

外部リンク[編集]