インク消し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インク消し(インクけし)とは、万年筆などの筆跡を化学的に消去する文房具の一種。

ブルーブラックあるいは染料インクを消すことができ、従来顔料インクを消す機能はない。多くは1液と2液で構成されており、その順で消したい部分に塗布する。1液にはシュウ酸塩酸などが用いられ、2液には次亜塩素酸ナトリウムなどが用いられる。1液でインク酸化鉄還元し、2液で染料インク酸化させる事で無色となる。

小切手などの証券類では、インク消しによる改竄を防ぐために、インク消しに反応して変色する安全紙英語版と呼ばれる紙も使われる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中村信夫「証券印刷上の材料の諸問題」、『材料試験』第6巻第50号、日本材料学会、1957年、 693頁、 NAID 110002286083

参考文献[編集]

  • インキ消し”. コトバンク. 朝日新聞社. 2016年12月9日閲覧。

関連項目[編集]