第二鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第二鉄(だいにてつ、Fe3+)は、の3陽イオンで、黄色から橙色である。

水酸化物イオンと反応して水酸化鉄の沈殿を生じ、チオシアン酸カリウムとでは血赤色の溶液になる。ヘキサシアニド鉄(II)酸カリウムとではベルリンブルーの沈殿を生じ、硫化水素とは、塩基性下で一度鉄IIIイオンを鉄IIイオンに還元し、その後硫化鉄の沈殿を生じる。しかし、酸性下では鉄IIイオンに還元されるだけで、沈殿は生じない。

代表的な化合物には塩化鉄酸化鉄がある。

参考文献・出典[編集]