イニゴ・ウルクリュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はウルクリュ第二姓(母方の)はレンテリアです。
イニゴ・ウルクリュ
スペイン語: Iñigo Urkullu
Iñigo Urkullu 2014 (cropped).jpg
2014年のウルクリュ
生年月日 (1961-09-18) 1961年9月18日(56歳)
出生地 バスク地方ビスカヤ県アロンソテギ
出身校 デウスト大学
前職 教師
所属政党 バスク民族主義党
テンプレートを表示
演説中のウルクリュ

イニゴ・ウルクリュ・レンテリア(Iñigo Urkullu Renteria, 1961年9月18日)は、スペインアロンソテギ出身の政治家[1][2]。2008年からバスク民族主義党の党首であり[3]、2012年からバスク自治州政府レンダカリ(政府首班)。

経歴[編集]

デウスト大学を卒業し、バスク語の教師として働いていた。1984年から1987年にはバスク自治州議会議員となり、1987年から1994年にはバスク自治州政府の社会サービス部門で働き、1994年から2005年までは再びバスク自治州議会議員となった。1996年にバスク民族主義党(EAJ / PNV)のメンバーとなり、2004年から2008年までビスカヤ県支部長を務めた。2008年にバスク民族主義党の党首に就任し[3]、2012年に再選された。2012年12月5日にはバスク社会党パチ・ロペスの後を引き継ぎ、バスク自治州政府レンダカリに就任した。

脚注[編集]

  1. ^ rtve.es Telediario - Íñigo Urkullu ha sido reelegido presidente del PNV 2012年1月15日
  2. ^ elimparcial.es Íñigo Urkullu: “En ausencia de violencia hay que dejar paso a la política” 2012年6月26日
  3. ^ a b Cambio 16. Información y Revistas, S.A.. (1 January 2008). http://books.google.com/books?id=voMnAQAAIAAJ 2011年7月25日閲覧。. 
先代:
パチ・ロペス
バスク自治州政府レンダカリ
2012年 -
次代:
未定