イザベル・デ・コインブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イザベル・デ・コインブラ
Isabel de Coimbra
ポルトガル王妃
12- Rainha D. Isabel.jpg
出生 1432年3月1日
死去 (1455-12-02) 1455年12月2日(23歳没)
ポルトガル王国の旗 ポルトガル王国エヴォラ
埋葬  
ポルトガル王国の旗 ポルトガル王国バターリャ修道院
配偶者 ポルトガルアフォンソ5世
子女 ジョアン
ジョアナ
ジョアン2世
父親 コインブラペドロ
母親 ウルジェイ(ウルヘル)女伯エリサベ(イザベル)
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

イザベル・デ・コインブラIsabel de Coimbra, 1432年3月1日 - 1455年12月2日)は、ポルトガルアフォンソ5世の最初の妃。

生涯[編集]

コインブラペドロドゥアルテ1世の弟)とウルジェイ(ウルヘル)女伯エリサベ(イザベル)の娘として生まれた。

1448年5月、従兄アフォンソと結婚した。翌1449年、夫によって父ペドロが戦死に追い込まれた。

アフォンソとの間には3子が生まれた。

第3子ジョアンを出産から8ヶ月後、イザベルは急病となりそのまま没した。毒殺であるといわれている。