イザベラ・フォン・エスターライヒ (1888-1973)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イザベラ・フォン・エスターライヒ
Isabella von Österreich
Archduchess Isabella of Austria.jpg

全名 Isabella Maria Theresia Christine Eugenie
イザベラ・マリア・テレジア・クリスティーナ・オイゲーニエ
称号 オーストリア大公女
出生 (1888-11-17) 1888年11月17日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国プレスブルク
死去 (1973-12-06) 1973年12月6日(85歳没)
スイスの旗 スイスラ・トゥール=ド=ペ
埋葬 西ドイツの旗 西ドイツアンホルト
配偶者 バイエルン王子ゲオルク
家名 ハプスブルク=テシェン家
父親 テシェン公フリードリヒ
母親 イザベラ・フォン・クロイ
テンプレートを表示

イザベラ・マリア・テレジア・クリスティーネ・オイゲーニエ・フォン・エスターライヒIsabella Maria Theresia Christine Eugenie Erzherzogin von Österreich, 1888年11月17日 - 1973年12月6日)は、オーストリア皇帝家の分家テシェン公爵家の公女で、バイエルン王子ゲオルクの妻。夫と結婚後1年足らずで離婚し、世人を驚かせた。

生涯[編集]

テシェン公爵家の当主フリードリヒ大公とその妻でクロイ公爵家の公女であるイザベラの間の第7子、七女として生まれた。1912年2月10日、ウィーンシェーンブルン宮殿においてバイエルン王子ゲオルクと結婚した。ゲオルクはオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の外孫であり、イザベラはこの結婚によって老皇帝の義理の孫娘となった。しかし夫妻はウェールズパリアルジェをめぐる新婚旅行から戻るとすぐに別居し、1913年1月17日にバイエルンの裁判所によって2人の結婚解消が認められた。同年3月5日に教皇庁も2人の婚姻無効を宣言した。

離婚後はハプスブルク家の他の未婚の大公女のように修道院に入るかと思われたが、1913年にウィーンの病院で看護婦になるための訓練を受け、第一次世界大戦ではオーストリア=ハンガリー(二重帝国)軍で従軍看護婦として働いた。その際、軍医のパウル・アルブレヒト(Paul Albrecht、1873年 - 1926年)と恋仲になり、結婚を望んだが、フランツ・ヨーゼフ1世に再婚を厳しく禁じられた。その後は独身を通し、1973年にスイスで死去した。

参考文献[編集]

  • Radziwill, Catherine (1916). The Austrian Court From Within. London: Cassel and Company, LTD. ISBN 140219370X 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、イザベラ・フォン・エスターライヒ (1888-1973)に関するカテゴリがあります。