イェンナ・バウク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イェンナ・バウク
(画)ベルタ・ヴェークマン

イェンナ・バウク(Jeanna Bauck、1840年8月19日 - 1926年5月27日)はスウェーデン生まれの画家である。画家としての活動はドイツで行った。

略歴[編集]

ストックホルムに生まれた。父親はドイツ生まれの作曲家で、母親はスウェーデン人であった[1]。ストックホルムで美術を学んだ後、1863年にドイツに渡った。毎年、チロルやスイス、ヴェネツィアに旅し、ドレスデンではエールハルト(Adolf Ehrhardt)に学び、デュッセルドルフではアルベルト・フラムミュンヘンではブラント(Józef Brandt)に学んだ。その間にデンマーク育ちでドイツに留学していた女性画家、ベルタ・ヴェークマン(1847-1926)と親しくなり、2人でヨーロッパ各地を写生旅行した。

1880年から1881年の間、パリにヴェークマンと滞在し、サロン・ド・パリなどの展覧会に出展した。

1882年にヴェークマンはデンマークに帰国し、バウクもミュンヘンに移り、ミュンヘンで女性のための美術学校を開いた。1890年代にはベルリンでベルリン芸術家協会の絵画授業で教え、その時期の学生に当時21歳であったパウラ・モーダーゾーン=ベッカーがいて、パウラは後に初期の表現主義を代表する画家となった。

バウクの作品はスウェーデン国立美術館などに収蔵されている。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Stammbaum der Familie Bauck, bauck.org [1]

参考文献[編集]

  • J.T.: Bauck, Jeanna. In: Allgemeines Künstlerlexikon. Die Bildenden Künstler aller Zeiten und Völker (AKL). Band 7, Saur, München u. a. 1993, ISBN 3-598-22747-7, S. 511.
  • Georg Nordensvan: Bauck, Jeanna Maria Charlotta. In: Ulrich Thieme, Felix Becker (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 3: Bassano–Bickham. Wilhelm Engelmann, Leipzig 1909, S. 53
  • Bauck, Jeanna. In: Hans Vollmer: Allgemeines Lexikon der bildenden Künstler des XX. Jahrhunderts. Band 5: V–Z. Nachträge: A–G. E. A. Seemann, Leipzig 1961, S. 277.
  • Bettina Baumgärtel, Museum Kunstpalast (Hrsg.): Die Düsseldorfer Malerschule und ihre internationale Ausstrahlung 1819–1918, Band 2, Imhof, Petersberg 2011, ISBN 978-3-86568-702-9, S. 60; S. 126f.