イェディオト・アハロノト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イェディオト・アハロノト
ידיעות אחרונות
本社所在地 イスラエルの旗 イスラエル
テルアビブ地区テルアビブ
Yediot.jpg
設立 1939年
業種 情報・通信業
関係する人物 ナフーム・コマロフ
外部リンク http://www.ynetnews.com/
テンプレートを表示

イェディオト・アハロノトヘブライ語: ידיעות אחרונות‎、Yedioth Ahronoth)は、イスラエルの大手ヘブライ語新聞。紙名はヘブライ語で「最近のニュース」という意味である。1970年代以降、イスラエル最大の発行部数を誇っている。

概要[編集]

組織ではなく個人が発行する新聞としてはイスラエルで最も古い新聞の一つ。1939年ナフーム・コマロフヘブライ語版Nachum KumarovGerchum Kumarov)が創刊し、まもなくイェフダ・モーゼスヘブライ語版が買収した。初代経営者はイェフダ・モーゼスの息子ノア・モーゼス英語版だった。

1948年、当時この新聞の主筆だったアズリエル・カルレバッハ英語版が多数のジャーナリストや編集者を率いて『マアリヴ』紙を創刊した。カルレバッハの後任はヘルツル・ローゼンブルーム英語版だった。以来、『イェディオト・アハロノト』と『マアリヴ』は売上や社会的評価を未だに競い合っている。1990年代には、双方の新聞社が相手方の会社に盗聴器を仕掛けていたことまで露見した。

現在、『イェディオト・アハロノト』の経営者はノア・モーゼスの息子アルノン・モーゼスヘブライ語版である。永らくヘルツル・ローゼンブルームの息子モーシェ・ヴァルディמשה ורדי)が主筆を務めていたが、2005年ラフィ・ギナートヘブライ語版に地位を譲った。

イェディオト・アハロノト・グループ[編集]

イェディオト・アハロノト・グループは商業テレビ局"チャンネル2英語版"、ケーブルテレビ局"ホット英語版"、週刊地方紙"イェディオト・ティクショレトヘブライ語版"(ידיעות תקשורת)、ヘブライ語初心者用のシャアル・ラマトヒールロシア語紙"ヴェスティ英語版"、さらに雑誌など、様々なメディアを所有している。また、メディアを持たない会社をも所有している。

外部リンク[編集]