アヴァル橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アヴァル橋(仏 : Pont aval)はフランスパリセーヌ川に架かる橋である。1968年に開通した。パリ市内でセーヌ川に架かる橋では最も下流にある。ただしセーヌ川が大きく蛇行しているため、さらに下流に、パリ市域に含まれるブローニュの森と対岸のコミューンとを結ぶ橋が二つ(アーヴル水道橋の歩道部分とシュレーヌ橋)存在する。

アヴァル橋
アヴァル橋
所在地 フランス
パリ
セーヌ川
長さ 312.5m
34.6m
形式 桁橋
素材 コンクリート
建設 1964-1968年
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

アヴァル橋は15区のイッシー・レ・ムリノー河岸と16区のサン・テグジュペリ河岸を結んでいる、ペリフェリックの橋である。 長さは312.5mで、パリでは一番長い橋である。

アモン橋と同様、この橋は公式な名前がないため、便宜上アヴァル橋(アヴァルavalは下流という意味)と名付けられ、定着している。

隣の橋[編集]

(上流)ミラボー橋ガリリアーノ橋アヴァル橋イッシー橋(パリ市外)(下流)