アンブレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンブレイン
識別情報
CAS登録番号 473-03-0
PubChem 11826112
ChemSpider 10000763 チェック
特性
化学式 C30H52O
モル質量 428.73 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アンブレイン(Ambrein)は、香料に用いられる芳香性の物質である。マッコウクジラの消化管から分泌される龍涎香の主成分であり、龍涎香の媚薬効果を生み出す要因になっていることが示唆されている[1]

鎮痛剤の効果があり[2]、ラットの性行動を増加させることが示されている[3]

化合物としては、トリテルペンアルコールに分類される。

出典[編集]

  1. ^ Sandroni P. Aphrodisiacs past and present: a historical review. Clinical Autonomic Research. 2001 Oct;11(5):303-7. doi:10.1007/BF02332975 PMID 11758796
  2. ^ Taha SA. Studies on the mode of action of ambrein as a new antinociceptive compound. Japanese Journal of Pharmacology. 1992 Oct;60(2):67-71. PMID 1479744
  3. ^ Taha SA, Islam MW, Ageel AM. Effect of ambrein, a major constituent of ambergris, on masculine sexual behavior in rats. Archives Internationales de Pharmacodynamie et de Therapie. 1995 Mar-Apr;329(2):283-94. PMID 8540767