アンナ=マリア・ラヴノポルスカ=ディーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Anna-Maria Ravnopolska-Dean.JPG

アンナ=マリア・ラヴノポルスカ=ディーン(Anna-Maria Ravnopolska-Dean、ブルガリア語:Анна-Мария Равнополска-Дийн、1960年8月3日 - )は、ブルガリアハープ奏者作曲家である[1]

伝記[編集]

アンナ=マリア・ラヴノポルスカ=ディーンはソフィアに生まれた。彼女はイタリア人の博士でハープ奏者のLiana Pasqualiに学び、後にアメリカに移住して、インディアナ大学で、著名になる前のSusann McDonaldに師事した。彼女の師匠はどちらもフランスのハープ学校の卒業生だった。インディアナ大学で、アンナ=マリアは'Superior Artistic Achievement in Harp Performance'として芸術の学位を受けた。彼女は1992年にカーネギー・ホールのリサイタル・ホールでニューヨークデビューした。アンナ=マリアはそれ以前から、ニューヨークのWQXRラジオの'McGraw-Hill Young Artists Showcase'という番組で紹介されていた。

1992年、彼女はブルガリアアメリカン大学の創設者の一人となった。その大学で、彼女はハープピアノの理論及び実践の授業を受け持っていた。2008年、彼女の生徒たちは、バルカン半島で初めて、ピョートル・チャイコフスキーの『四季』のフルバージョンを演奏した[2]

彼女の演奏の最も有名なものの1つは、2002年にジュネーヴで開催された第8回世界ハープ会議でのものである。ここで彼女は、左手の部分麻痺に苦しんでいたにも関わらず、6台のハープのアンサンブルのトップと独奏を見事に務めた。

Anna Ravnopolska.jpg

2003年、彼女は作曲にも才能を発揮するようになった。彼女の最初の作品"Improvisation"はブルガリア民謡の形式で作られた。

作品[編集]

著書、論文、翻訳[編集]

  • Modeling orchestration on harp techniques in the works of Wagner, Smetana and Stravinsky, “WHC Review”, to be published
  • The Harp in the orchestral works of Bulgarian Composers (1900-1930)

"Music yesterday-today", 2002

  • The Harp as a Coloristic Instrument in the Beginning of the Twentieth Century ("Арфата като колористичен инструмент в началото на ХХ век"), 200 pp., ISBN 954-90353-9-5, Music Society “Vassil Stefanov”, 2001
  • The Harp as a Coloristic Instrument in the works of Claude Debussy,

“Musical Horizons”, vol. 7 - 8, 2001, 21- 25, 27 - 33.

  • Transcriptions for solo harp, Sofia String Institute, 1995
  • Regular contributor to the World Harp Congress Review, 1981- present
  • Arrangements for solo harp: Granados, Valses Poeticos, Albeniz, Suita Espagnol, 1988

作曲[編集]

  • Improvisation for harp solo, June 2003
  • “The turtle’s castle” for harp solo, September 2003
  • Four compositions for harp on Haiku poetry, October 2003
  • Waltz and Lullaby for piano solo, November 2003
  • Rap Tango for harp and voice, November 2003
  • Suite of eight dances: Laendrer, Tango, Fandango, Horo,
  • Kazachok, Arabian dance, Pavane, April 2004
  • "Fantasy on Traviata”, June 2005
  • Two haiku pieces on Basho, February 2006
  • “The mystic trumpeter” on Walt Whitman, February 2006
  • Five haiku pieces “Solo Honkadorae Renga”, February 2006

ディスコグラフィー[編集]

  • Bulgarian Harp Favorites, Arpa d’oro, CD 2003
  • Legende: French Music for Harp, Gega compact disc, 1999
  • Harpist at the Opera (honoring the Donizetti bicentennial), Arpa d'oro CD, 1997
  • Harps of the Americas (Paraguayan and pedal harps), Arpa d'oro CD, 1996
  • Erich Schubert Pop Harp Festival, Gega CD, 1994
  • A Harpist's Invitation to the Dance, Gega CD, 1992

出典[編集]

  1. ^ "Уникален концерт на Видинската филхармония Български музиканти изпълняват за пръв път Райнике за арфа и оркестър" ("The Bulgarian Vidin Philharmonic musicians present a unique concert playing for the first time music by Raynike for harp and orchestra") Standart News 11 June 2008, accessed 16 December 2008, in Bulgarian
  2. ^ http://www.aubg.bg/template1.aspx?page=news.ascx&menu=000002&nid=86

外部リンク[編集]