アンドレイ・ガヴリーロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレイ・ガヴリーロフ
Андрей Гаврилов
Andrei Gawrilow, Pianist-13.jpg
基本情報
出生 1955年9月21日(58歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 モスクワ
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

アンドレイ・ヴラジーミロヴィチ・ガヴリーロフAndrei Gavrilov; ロシア語: Андрей Владимирович Гаврилов, 1955年9月21日 モスクワ - )はロシアピアニスト

ゲンリフ・ネイガウスの門人であった母親からピアノの手ほどきを受ける。1961年にモスクワの音楽学校でレフ・ナウモフに師事してピアノの学習を続ける。1974年、19歳でチャイコフスキー国際コンクールで優勝。同年、ザルツブルク音楽祭スヴャトスラフ・リヒテルの代理を務めた。

バッハショパンリストラフマニノフラヴェルプロコフィエフを得意としており、中でも《ラ・カンパネッラ》や《イスラメイ》のようなヴィルトゥオーソ向けのショウピースを得意としている。

2001年以降は家族とともにスイスルツェルンに移住している。

外部リンク[編集]