アンドレイ・イヴァノヴィチ (トゥーロフ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アンドレイ・イヴァノヴィチ[1]ロシア語: Андрей Ивановичベラルーシ語: Андрэй Іванавіч1195年 - 1223年)はトゥーロフ=ピンスク・イジャスラフ家出身のトゥーロフ公である。キエフ大公ムスチスラフの娘を妻とした。

1223年のカルカ河畔の戦いでは、右岸に布陣してモンゴル帝国軍を迎え撃ったが敗北し、義父ムスチスラフ、ドゥブロヴィツァ公アレクサンドルらと共に捕虜となった。モンゴル軍は捕虜となった彼らを寝かせた上に板を敷き、その上で宴会を行うという方法でアンドレイらを圧死させた。アンドレイ死後のトゥーロフ公の地位はウラジーミルが継いだ。

[編集]

  • ユーリー(be):トゥーロフ公

出典[編集]

  1. ^ Леонтій ВОЙТОВИЧ КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ

参考文献[編集]