アンドレアス・マルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アンドレアス・マルム1977年11月11日 - [1])は、スウェーデンの研究者、ジャーナリスト、活動家。ルンド大学人文地理学部准教授[2]Historical Materialism誌の編集委員を務める。ナオミ・クラインは著書『これがすべてを変える』で、マルムを「この[気候変動]問題についてのきわめて独創的な思想家」と評した。

経歴[編集]

マルムは(スウェーデン・アナルコサンジカリスト青年連盟: SUF)に参加し、2002年~2009年には週刊誌Arbetarenで働く。2010年、社会主義者党(Socialistiska Partiet: SP)に入党して機関誌Internationalenに執筆するようになる。なお同党は第四インターナショナルのスウェーデン支部。これに先立ち、パレスチナ連帯運動ではISM(国際連帯運動)スウェーデン支部で結成時から活動しているほか、ヨーロッパでの反イスラムに抗する運動にも関わる。気候運動には2000年代半ばから強く関与するようになり、執筆のほか、KlimaxKlimatakaionなどの市民的不服従を行うグループで活動してきた。2009年からはルンド大学で博士論文の執筆に着手する。

2012年、ルンド大学に博士論文を提出して博士号を取得した[3]。この論文は2016年にFossil Capital: The Rise of Steam Power and the Roots of Global Warming (『化石資本』)としてVersoから出版され、この年のドイッチャー記念賞を受賞している。

マルムは2002年にスウェーデン語で著作を出して以降、パレスチナイランムスリム嫌悪に関するものも含め、多数の著作を執筆・編集する[4]。著作はフランス語ドイツ語スペイン語日本語などに翻訳されている。またJacobinなどにも寄稿している。[5][6]

2021年に出版された『パイプライン爆破法:燃える世界でいかに闘うか(How to Blow Up a Pipeline: Learning to Fight in a World on Fire)』では、サボタージュと財物破壊が気候運動の論理的な構成要素の一つとなるだろうと論じた。[7]

2021年5月、ガーディアン紙の記事で、ブレット・クリストファースは、マルムの主張をこう紹介した。産業革命時に工場経営者が動力を水力から蒸気に切り替えたのは、蒸気のほうが安価だったからではなく、より多くの利益を生むからであった。蒸気機関の導入によって、生産者側は原動機を設置するにあたり、水力で不可欠だった水源にかんする地理的制約から解放され、安価な労働力のそばに工場を建設することができるようになったことが特に大きかったのである。[8]

著書[編集]

  • Bulldozers mot ett folk – om ockupationen av Palestina och det svenska sveket, 2002.
  • När kapitalet tar till vapen – om imperialism i vår tid, 2004.
  • Radar : signaler från arbetarens essäsidor 2002–2004, (red), 2004.
  • Sprängkraft i Iran – arbetarkamp och krigshot, 2005.
    • 下記Iran on the Brink(2007)の原著。
  • Vi skulle få leva här: om muren i Palestina, (red), 2005.
  • Det är vår bestämda uppfattning att om ingenting görs nu kommer det att vara för sent, Atlas, 2007.
  • Iran on the Brink: Rising Workers and Threats of War, with Shora Esmailian, Pluto Press, 2007.[9]
  • Hatet mot muslimer, Atlas, 2009.
  • Fossil Capital: The Rise of Steam Power and the Roots of Global Warming, Verso Books, 2016. ドイッチャー記念賞を受賞。[10][11][12]
  • The Progress of This Storm: Nature and Society in a Warming World, Verso Books, 2017.[13][14]
  • Corona, Climate, Chronic Emergency: War Communism in the Twenty-First Century, Verso Books, 2020.[15][16]
  • How to Blow Up a Pipeline: Learning to Fight in a World on Fire, Verso Books, 2021.[17][18]
    • 日本語訳『パイプライン爆破法:燃える世界でいかに闘うか』箱田徹訳、月曜社、2022年。
  • White Skin, Black Fuel: On the Danger of Fossil Fascism, written with The Zetkin Collective, Verso Books, 2021.[19]

日本語になっているその他のテキスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Andreas Malm, Ratsit.se
  2. ^ Andreas Malm” (英語). www.keg.lu.se. 2021年1月12日閲覧。
  3. ^ Malm, Andreas (2013). “The Origins of Fossil Capital: From Water to Steam in the British Cotton Industry”. Historical Materialism 21 (1): 15–68. doi:10.1163/1569206X-12341279. ISSN 1465-4466. https://brill.com/view/journals/hima/21/1/article-p15_2.xml. 
  4. ^ https://libris.kb.se/hitlist?q=WFRF%3A%28Malm+Andreas+1977+%29&d=libris&m=10&p=1&hist=true&noredirect=true
  5. ^ Schmeisser, Susann. “Andreas Malm – Humanities & Social Change” (英語). 2021年1月12日閲覧。
  6. ^ Andreas Malm” (英語). jacobinmag.com. 2021年1月12日閲覧。
  7. ^ Dechristopher, Tim (2021年2月16日). “In a World on Fire, Is Nonviolence Still an Option?” (英語). YES! Magazine. 2021年4月18日閲覧。
  8. ^ Christophers, Brett (2021年5月25日). “Big oil companies are driven by profit – they won't turn green by themselves”. The Guardian (London, United Kingdom). ISSN 0261-3077. http://www.theguardian.com/commentisfree/2021/may/25/big-oil-companies-profit-green-renewables-fossil-fuels-net-zero 2021年5月25日閲覧。 
  9. ^ Malm, Andreas (2007). Iran on the brink : rising workers and threats of war. Esmailian, Shora. London: Pluto. ISBN 978-1-84964-343-6. OCLC 654103854. https://www.worldcat.org/oclc/654103854 
  10. ^ Fossil Capital”. www.versobooks.com. 2021年1月12日閲覧。
  11. ^ Past Recipients” (英語). The Deutscher Memorial Prize (2014年6月10日). 2021年1月12日閲覧。
  12. ^ Malm, Andreas (2016). Fossil capital : the rise of steam-power and the roots of global warming. London. ISBN 978-1-78478-129-3. OCLC 900912182. https://www.worldcat.org/oclc/900912182 
  13. ^ The Progress of This Storm”. www.versobooks.com. 2021年1月12日閲覧。
  14. ^ Malm, Andreas (2018). The progress of this storm : nature and society in a warming world. London. ISBN 978-1-78663-415-3. OCLC 1004424810. https://www.worldcat.org/oclc/1004424810 
  15. ^ Corona, Climate, Chronic Emergency”. www.versobooks.com. 2021年1月12日閲覧。
  16. ^ Malm, Andreas. Corona, climate, chronic emergency : war communism in the twenty-first century. London. ISBN 1-83976-216-0. OCLC 1159810165. https://www.worldcat.org/oclc/1159810165 
  17. ^ How to Blow Up a Pipeline”. www.versobooks.com. 2021年1月12日閲覧。
  18. ^ Malm, Andreas (5 January 2021). How to Blow Up a Pipeline: Learning to Fight in a World on Fire. Verso Books. ISBN 978-1-83976-025-9. OCLC 1141142279. https://www.worldcat.org/oclc/1141142279 
  19. ^ White Skin, Black Fuel”. www.versobooks.com. 2021年1月12日閲覧。