アンドリュー・ショーン・グリーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンドリュー・ショーン・グリーア(Andrew Sean Greer、1970年 - )は、アメリカ合衆国小説家

経歴[編集]

ワシントンD.C.にて科学者の両親のもと、一卵性の双子の一人として生まれる。ブラウン大学を卒業。

2000年に短編集「How It Was for Me」でデビュー。

現在サンフランシスコに在住。

邦訳[編集]

  • 「フリン家の未来」、柴田元幸編訳『いずれは死ぬ身』(河出書房新社、2009年)所収

外部リンク[編集]