アンドリア・モホロビチッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドリア・モホロビチッチ
人物情報
生誕 1857年1月23日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ヴォロスコ英語版
死没 1936年12月18日(満79歳没)
Flag of the Kingdom of Yugoslavia.svg ユーゴスラビア王国 ザグレブ
出身校 プラハ大学
学問
研究分野 地震学気象学
研究機関 ザグレブ大学英語版
主な業績 モホロビチッチ不連続面の発見
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
肖像画(1880年)

アンドリア・モホロビチッチ(Andrija Mohorovičić、1857年1月23日 - 1936年12月18日)はクロアチア地震学者気象学者

オパティヤ近くのヴォロスコ英語版に生まれる。プラハ大学を卒業し、ザグレブ大学英語版教授となった。

1909年クルパ渓谷で発生した地震走時曲線から、いくつかの波がほかの波より速く伝わっていることを見いだした。この事実をP波の速度が急に変わる不連続面によって説明した。この面は彼の名をとってモホロビチッチ不連続面、または略してモホ面と呼ばれる。地殻マントルとを区別する重要な面である。

1921年に引退し、1936年にザグレブで生涯を閉じた。

クレーター小惑星(8422)モホロビチッチなどに命名されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]