アンドラの地方行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Andorra parishes japanese.png

アンドラの地方行政区画における最大の地域単位は教区パロキアカタルーニャ語parròqia)である。アンドラでは、それぞれの教区におかれたコムーComú)が地域の立法や行政にかかわる権能をもつ。

アンドラには7つの教区がある。このうち、最も面積が広いものはカニーリョ教区で、最も人口が多いものは首都のあるアンドーラ・ラ・ベーリャ教区である。

教区[編集]

アンドラでは「教区」という語に宗教的な意味と世俗的な意味の両方がある。宗教的な意味で使う場合は、ウルヘル司教に任命された教区司祭が担当する地域範囲を指す。これに対して世俗的な意味で使う場合は、立法や行政など市民生活にかかわる地域単位を指す(行政教区参照)。

それぞれの教区の主要な市町村にはコムがある。コムは地方議会かつ地方行政府として教区民の意思を決定、代表する機関であり、教区の予算や条例もコムで決められる。コムの構成員(議員)は8人から14人で(数は教区によって異なる)、4年に1度、選挙で選ばれる。

教区より小さな行政単位としては、ウルディーヌ教区ラ・マサーナ教区サン・ジュリアー・ダ・ロリア教区にクァルト(quart)が、カニーリョ教区にベイナト(veïnat)がある。

歴史[編集]

839年ラ・セウ・ドゥルジェルの聖母教会献堂式の記録に、現存する6つのアンドラの教区の名がある。7番目の教区は1978年、アンドラ・ラ・ベリャ教区から分かれてできたアスカルダズ=アングルダーニ教区である。

各教区の面積と人口規模[編集]

教区名 面積
(km2)
人口
(2015年現在)
カニーリョ(Canillo) 121 3,368
オルディノ(Orfdino) 89 4,429
アンカム(Encamp) 74 10,857
ラ・マサナ(La Massana) 61 9,096
サン・ジュリア・デ・ロリア(Sant Julià de Lòria) 60 8,681
エスカルデス=エンゴルダニ(Escaldes-Engordany) 32 13,873
アンドラ・ラ・ベリャ(Andorra la Vella) 27 21,428
合計 464 71,732

関連項目[編集]