アントゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アントゥ (Antu:アッカド神話、Antum:バビロニア神話) は女神の名であり、シュメール神話における女神にあたる。アントゥはアヌの最初の配偶神であり、アヌンナキとウトゥッキの母親であった。アントゥは、紀元前200年まで続いたバビロニアのアキト祭 (akit festival) における象徴的な存在であり、その名声はのちに、ギリシア神話の女神ヘーラーへと引き継がれていったと考えられる。アントゥは、同類の女神であるイシュタルイナンナにその地位を明け渡していくことになるが、これらの女神もアヌとアントゥの間の子であったと考えられる。

参考文献[編集]

  • Michael Jordon, Encyclopedia of Gods, Kyle Cathie Limited, 2002