アンツーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンツーカから転送)
移動先: 案内検索
アンツーカーが使われたトラック
東京オリンピック時の国立霞ヶ丘競技場
全仏オープン・テニスのクレーコート

アンツーカ: en tout casフランス語発音: [ɑ̃ tu ka] アントゥキャ)、または、アンツーカー: En-Tout-Cas英語発音: [ˌɑːntuːˈkɑː] アーントゥーカー)は、そもそも「晴雨兼用の」を指すが、高温焼成したレンガなどの土を粉砕してつくられる赤褐色の土、あるいはそれで覆われたサーフェスを指す商標名として用いられ、現在は一般名称となっている。水捌けの良さと濃い赤褐色が特徴で、主に陸上競技場テニスクレーコート野球場マツダスタジアムのマウンドなどに用いられている。

テニスコートといえば芝生が一般的であった1880年ごろ、水捌けの悪さを抱える芝生の代替素材としてフランスで考案されたのが起源である。やがて1928年に開かれたアムステルダムオリンピックのメイン・スタジアム陸上競技場に採用されると、これを機にヨーロッパで急速に広まり、現在では世界各国で採用されるに至った。

アンツーカ誕生当時はレンガを砕いたものが主流であり、長雨による泥濘化や乾燥によるヒビ・砂埃などの短所もあって維持管理に特有のノウハウが要求されたが、現在ではそれを改良した多孔質焼成土を使用されている。

語源はフランス語で「どんな場合でも」を指す"en tout cas"である。これを英語に直訳すると"in all cases"となり、「どのような天候でも使用できる」と解釈され、次第に全天候性を表すようになった。ただし本来フランス語のen tout casには人工土としての意味は無く、アンツーカーを指して用いる事もない。

関連項目[編集]