アンダルシーア社会党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンダルシア州の旗アンダルシーア州の政党
アンダルシーア社会党

Partido Socialista de Andalucía(PSA)
代表者 ペドロ・パチェーコ(2008年まで)
創立 2001年 注1
解散 2011年 注2
青年部 Juventudes Andaluzas Nacionalistas(JAN)
政治的思想 アンダルシーア・ナショナリズム

注1アンダルシーア主義党から分離して創設。
注2アンダルシーア主義党に再合流。

アンダルシーア社会党Partido Socialista de Andalucía、略称PSA)はかつて存在したアンダルシーア・ナショナリズムスペイン語版を掲げたスペイン政党。2001年にアンダルシーア主義党(PA)スペイン語版から分離して創設、当時ヘレス・デ・ラ・フロンテーラの首長であったペドロ・パチェーコに率いられた。2011年、数年来共闘関係を維持してきたPAに再合流することを決した。

創設後最初の選挙であった2003年の自治体選挙において、およそ59,000票を獲得、アンダルシーア州全体で55議席を獲得した。2004年3月14日に行われた自治州選挙では42,000超の票を獲得したものの、第6党で、議席獲得には至らなかった。2004年の欧州議会選挙では選挙連合諸民族のヨーロッパスペイン語版に参加、1議席を得た。この選挙連合にはカタルーニャ共和主義左翼(ERC)アラゴン主義連合(CHA)バスク連帯(EA)アストゥリアス連帯(AA)などのナショナリスト政党とともに参加した。

2007年の自治体選挙では、およそ50,000票を獲得、議席数を60以上に増やした。

2007年11月末、PSAとPAは再び協力関係を構築することを決め、両党は翌年3月9日に予定されていた総選挙自治州選挙に臨むため、その他の弱小勢力とともにアンダルシーア主義同盟を結成した。選挙連合は自治州選挙、総選挙ともに1議席も獲得できず、PAは5議席を失う結果となった。

2008年11月にチクラーナ・デ・ラ・フロンテーラで開催された第3回PSA党大会で、当時書記長の職にあったペドロ・パチェーコは辞意を表明した。同大会においてアマリア・ベナベンテ、ホセ・ペレス、フアン・ロマン、ホセ・アントーニオ・ピノらによる集団指導体制が発足、ホセ・アントーニオ・ピノが代表職に就いた[1]

2009年の欧州議会選挙では、単独で臨んだものの、アンダルシーア・ナショナリスト・ブロック(BNA)アンダルシーア集中などの政党の支援を受けた[2]。結果は2004年を上回る9,649票をアンダルシーア州で獲得(自治州内の0.37%、カディス県での成績は他よりもよく0.85%の票を獲得した)、スペイン全体では13,933票超を獲得した[3]。しかし、欧州議会において議席を得るには至らなかった。

2011年5月1日、臨時党大会においてPSAは再びアンダルシーア主義党に合流することを決した[4]。この合併の後かつてのPA-PSAの分離劇の推進者であったペドロ・パチェーコはヘレス・デ・ラ・フロンテーラの自治体選挙と2012年の自治州選挙に臨むため党を離脱、自身の党アンダルシーア・プラットフォーム=市民フォーラムを立ち上げた。

関連項目[編集]

脚注[編集]