アンゴラ労働者農民青年同盟党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンゴラ労働者農民青年同盟党
Partido da Aliança Juventude, Operários e Camponeses de Angola
党首 アレハンドレ・セバスチアノ・アンドレ
成立年月日 1991年1月19日
党本部所在地 ルアンダ
政治的立場
シンボル
色(イメージカラー)
国際提携
ウェブサイト

アンゴラ労働者農民青年同盟党ポルトガル語: Partido da Aliança Juventude, Operários e Camponeses de Angola、略称:Pajoca英語: Party of the Alliance of Youth, Workers and Farmers of Angola)は、アンゴラ政党。党総裁(党首)は、アレハンドレ・セバスチアノ・アンドレ(Alexandre Sebastião André)、書記長(幹事長)は、イエズス・カバンガ(Jesus Kabanga)。 1991年1月19日ルアンダで結成された。

Pajocaは、カビンダ州の広範囲にわたる自治を支持している。 1992年人民議会総選挙では得票率0.35パーセント、1万3924票を獲得しアレハンドレ・セバスチアノ・アンドレが1議席を得た。大統領選挙では、アンゴラ解放人民運動 (MPLA) を支持した。[1] 1998年には党内抗争の結果、第一回党大会が開催され新綱領が採択された。 党の女性組織は、Pajoca女性組織(Organização da mulher do Pajoca、略称:OMI-PA)である。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.unhcr.org/home/RSDCOI/3ae6a6710.pdf

外部リンク[編集]