アンガス・バルビエーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンガス・バルビエーリ英語: Angus Barbieri, 1939年 - 1990年9月7日)とは、断食の世界最高記録を樹立した人物の名前である。水、茶、ブラックコーヒー、炭酸水、ビタミン、ミネラルのみで382日間過ごし、その間にも健康診断のために診療先の病院に通い続けた。出身はスコットランド・テイポート( Tayport )。

382日間の断食で、最終的に276ポンド約125㎏)の減量を果たし、断食を行った期間としては世界最長記録を打ち立てた[1]

断食開始前・断食終了時の写真

断食[編集]

1965年、バルビエーリは、ダンディーにあるメアリィフィールド病院に入院する。担当した医師は、断食計画について、当初は長期ではなく短期のほうが望ましいと考えていたが、「(バルビエーリの)身体は断食によく順応し、自身が理想としている体重へ到達するのに熱心であった」ことから、バルビエーリは断食の継続を主張したという[1]:203[2]

1966年7月11日までの382日間、バルビエーリは、ビタミン、ミネラル、水、茶、ブラックコーヒー、炭酸水のみで生活した。断食終了前の最後の数週間は、ミルクと砂糖を少量だけ摂取することもあった。

断食開始時のバルビエーリの体重は456ポンド(約207㎏)で、自身の目標体重である180ポンド(約82㎏)に達すると、断食を自分から終了した。

後にイングランドウォリックに移住し、2人の息子を持った。

1990年9月、バルビエーリは亡くなった[2]

世界記録[編集]

1971年版のギネスブックにて、バルビエーリが行った382日間の断食が、世界最高記録として認定された[1]:203[2]ハンガー・ストライキを385日間続けたことで知られる人物にデニス・ゲイラー・グッドウィン( Dennis Galer Goodwin )がいるが、彼はこの最中にチューブを通して強制的に食事を与えられている。

一切の固形物無しで382日間の断食を続けた人物として、バルビエーリの記録は誰にも破られておらず、断食の世界最長記録を保持し続けている。

ギネスの職員によれば、「安全でない」行動が奨励されることへの懸念から、ギネスは断食に関する記録を受け入れるのを止めたという[2][3]

参考[編集]

  1. ^ a b c Stewart, W. K.; Fleming, Laura W. (March 1973). “Features of a successful therapeutic fast of 382 days' duration”. Postgraduate Medical Journal 49 (569): 203–209. doi:10.1136/pgmj.49.569.203. PMC: 2495396. PMID 4803438. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2495396/. 
  2. ^ a b c d Brady, Jon (2016年11月12日). “The tale of Angus Barbieri who fasted for more than a year – and lost 21 stone”. Evening Telegraph. https://www.eveningtelegraph.co.uk/fp/tale-angus-barbieri-fasted-year-lost-21-stone/ 2018年11月4日閲覧。 
  3. ^ “Guinness records snub for Blaine”. CNN. (2003年9月4日). http://www.cnn.com/2003/WORLD/europe/09/04/uk.blaine/ 2018年11月4日閲覧。