アレクサンドラ・ド・リュクサンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレクサンドラ・ド・リュクサンブール
Alexandra de Luxembourg
パルム=リュクサンブール家
Alexandra de Luxembourg.jpg
アレクサンドラ大公女(2010年)
出生 (1991-02-16) 1991年2月16日(27歳)
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルクルクセンブルク市
父親 ルクセンブルク大公アンリ
母親 マリア・テレサ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

アレクサンドラ・ジョゼフィーヌ・テレサ・シャルロット・マリー・ヴィレルミーヌ・ド・ナッソーAlexandra Joséphine Teresa Charlotte Marie Wilhelmine de Nassau, 1991年2月16日 - )は、ルクセンブルク大公アンリとキューバ生まれの妻マリア・テレサ大公妃の長女。ルクセンブルク大公女およびナッサウ公女の称号を持つ。大公位継承順位第5位。

経歴・人物[編集]

アレクサンドラはアンリ大公夫妻の5人の子供たちのうち4番目に生まれた長女で、唯一の女子である。ギヨームフェリックスルイの三人の兄、そして1歳年下の弟セバスティアンがいる。

長年、曾祖母のシャルロットやその姉のマリー=アデライドがルクセンブルクの統治者になっているにもかかわらず、ルクセンブルク大公家の相続はサリカ法に基づいているため、女子であるアレクサンドラに継承権はなかったが、2011年6月、父アンリ大公によって継承権が与えられ、長兄ギヨーム、次兄フェリックスに次いで第3位(現在はフェリックスに2人子が生まれたため5位)となった(三兄ルイは結婚の際に継承権を放棄しているため継承権は無い)。

2017年11月に母のマリア・テレサ大公妃の代役で父のアンリ大公と共に日本国を訪問[1]。訪問に際して日本国政府より宝冠牡丹章が授与された[2]

脚注[編集]

  1. ^ “マリア・テレザ・ルクセンブルク大公国大公妃殿下の訪日取りやめ” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 外務省, (2017年11月20日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005293.html 2017年12月5日閲覧。 
  2. ^ “外国人叙勲受章者名簿 (平成29年)” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 外務省, (2017年11月21日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/po/page25_000707.html 2017年12月5日閲覧。 
上位:
リアム
ルクセンブルク大公子
ルクセンブルク大公位継承権者
継承順位第 5
下位:
セバスティアン
ルクセンブルク大公子