アレクサンダー・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクサンダー・ホール
Alexander Hall
生年月日 (1894-01-11) 1894年1月11日
没年月日 (1968-07-30) 1968年7月30日(74歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ボストン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンフランシスコ
職業 映画監督舞台俳優
配偶者 ローラ・レイン(1934年 - 1936年)

アレクサンダー・ホールAlexander Hall, 1984年1月11日 - 1968年7月30日)は、アメリカ合衆国映画監督舞台俳優である。

キャリア[編集]

4歳の頃から舞台俳優として活動し、1914年よりサイレント映画俳優となった。第一次世界大戦で兵役に就いた後はハリウッドに戻り、映画製作者としてのキャリアを始めた。パラマウント映画編集技師及びアシスタントディレクターを務め、1932年の『明日は晴れ』でフィーチャー映画監督としてデビューする。1937年から1947年まではコロンビア映画の下でコメディ映画を監督していた。『幽霊紐育を歩く』(1941年)でアカデミー監督賞にノミネートされた。

私生活[編集]

ホールは1934年から1936年まで女優のローラ・レインと結婚していた。またルシル・ボールと婚約していたが、彼女がデジ・アーナズと出会ったことで解消された。ボールとアーナズは後に1956年の映画『Forever, Darling』の監督にホールを雇った[1]

1968年7月30日、サンフランシスコにて脳卒中による合併症で亡くなった。

主な監督映画[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Desilu: The Story of Lucille Ball and Desi Arnaz by Coyne Steven Sanders and Tom Gilbert, William Morrow and Company, Inc., 1993, pp. 102-103 (ISBN 0-688-11217-X)

外部リンク[編集]