アレクサンダー広場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
テレビ塔からみたアレクサンダー広場、2002年。下方はアレクサンダー広場駅
アレクサンダー広場にあるウーラニアー世界時計
Alexanderplatz by the night in 2015

アレクサンダー広場(アレクサンダーひろば、Alexanderplatz)は、ドイツの首都ベルリンミッテ区にある広場。同市の交通の要衝でもあり、近くにはベルリン大聖堂赤の市庁舎がありシュプレー川が流れている。

元は牛の市場であった。ロシア皇帝のアレクサンドル1世が、1805年10月25日にベルリンを訪れたことを祝って、名づけられた。19世紀には、近くに建設された同名の駅や私設の市場と共に、重要な役割を果たすようになり、主要な商業センターとなった。1920年代には、ポツダム広場と共にベルリンのナイトライフの中心となった。

広場は何度か再開発され、最近では1960年代に東ドイツによって行われ、この時にベルリンテレビ塔が建てられた。

広場にはウーラニアー世界時計があり、待ち合わせ場所に利用されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 熊谷徹 『観光コースでないベルリン ヨーロッパ現代史の十字路』 高文研2009年、197頁。ISBN 978-4-87498-420-8

外部リンク[編集]

座標: 北緯52度31分18秒 東経13度24分48秒 / 北緯52.52167度 東経13.41333度 / 52.52167; 13.41333