アレキサンダー・ローゼンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アレキサンダー・ローゼンバーグ(Alexander Rosenberg)は、アメリカ合衆国の哲学者デューク大学の哲学教授。2015年には小説も出版した[1]

人物[編集]

ニューヨーク市立大学シティカレッジにて1967年に文科系学士を取得。1971年にジョンズ・ホプキンズ大学にて哲学博士を取得。1993年に、科学哲学の分野の賞のラカトシュ賞を受賞。[2]

著書[編集]

  • Philosophy of science 翻訳書『科学哲学 : なぜ科学が哲学の問題になるのか』2011、春秋社

出典[編集]

  1. ^ The Girl from Krakow: A Novel, Lake Union Publishing, September 1, 2015, ISBN 978-1477830819.
  2. ^ Archived copy”. 2013年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月8日閲覧。

外部リンク[編集]