アレウス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレウス2世:Αρεύς Β', ラテン文字転記:Areus II, 在位:紀元前262年 - 紀元前254年)はアギス朝のスパルタ王である。

アレウス2世は先王アクロタトスの子である。彼は父王の死後に生まれ、幼くして王位に登った。そのためアレウスは親戚のレオニダス後見を受けたが、わずか8歳で病死した。その次の王位は、老齢にもかかわらず、一族の男はレオニダス一人だけだったためにレオニダスが継いだ[1]

[編集]

  1. ^ パウサニアス, III, 6, 6; プルタルコス, 「アギス」, 3

参考文献[編集]


先代:
アクロタトス
スパルタ王(アギス朝)
紀元前262年 - 紀元前254年
次代:
レオニダス2世