アル・オーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アル・オーター Portal:陸上競技
Al Oerter 1960.jpg
アル・オーター(1960年)
選手情報
フルネーム アルフレッド・アドルフ・オーター・ジュニア
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 円盤投
生年月日 (1936-09-19) 1936年9月19日
没年月日 (2007-10-01) 2007年10月1日(71歳没)
身長 193cm
体重 127kg
自己ベスト 円盤投 : 69m46 (1980年)
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
陸上競技
オリンピック
1956 メルボルン 男子 円盤投
1960 ローマ 男子 円盤投
1964 東京 男子 円盤投
1968 メキシコ 男子 円盤投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

アルフレッド・アドルフ・"アル"・オーター・ジュニアAlfred Adolf "Al" Oerter, Jr.1936年9月19日 - 2007年10月1日)は、アメリカ合衆国円盤投選手。オリンピックにおいて史上初めて4大会連続の金メダルを獲得した選手として、オリンピックの歴史にその名を刻んでいる(2016年現在、夏冬すべてのオリンピック競技を通じて、個人でオリンピック同一競技4連覇を成し遂げたのはオーターと男子陸上競技走り幅跳びカール・ルイス競泳・男子200m個人メドレーマイケル・フェルプスヨット男子ファイアフライ級・フィン級のポール・エルブストロムヨット男子セーリングレーザー級・フィン級のベン・エインズリー、女子レスリング伊調馨の6人だけである)[1]

経歴[編集]

彼は、いずれのオリンピックでも、決して優勝候補でもなかったのにもかかわらず、オリンピック新記録で金メダルを獲得している。特に、1964年の東京オリンピックにおいては、首と肋骨に怪我を負っていながらそれに打ち勝って、自己ベストで金メダルを獲得した。

オーターは、1962年に史上初めて200フィートの壁を突破したのをはじめとして、4回の世界記録を打ち立てるなどの栄誉を残し、1968年のメキシコオリンピックで4つめの金メダルを獲得したあと引退した。

しかし、1977年に5つめの金メダルを獲るべく、選手として復帰する。だが、モスクワオリンピックの代表選考では4位に終わり、5回目の代表は惜しくも逃すも補欠となる(結局モスクワオリンピックをアメリカはボイコットをしたので代表にはなれなかった)。しかし、この年(1980年)に彼は43歳で69m46の自己ベストを記録し、かつこの年の世界の最長不倒を記録する。その後、彼はソウルオリンピックに向けてもトレーニングを続けたという。

現役引退後は画家としても活動。身長193cmで一時は体重が136kgもあった巨漢で、晩年は高血圧心臓病に苦しんでいた。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1956 オリンピック メルボルン(オーストラリア) 円盤投 1位 56m36
1959 パンアメリカンゲームズ シカゴ(アメリカ合衆国) 円盤投 1位 58m12
1960 オリンピック ローマ(イタリア) 円盤投 1位 59m18
1964 オリンピック 東京(日本) 円盤投 1位 61m00
1968 オリンピック メキシコシティ(メキシコ) 円盤投 1位 64m78

出典[編集]

  1. ^ 伊調馨が「劇的な勝利」 女子史上初の五輪4連覇に世界がリスペクトTHE ANSWER 8月18日

参照[編集]

List of multiple Olympic gold medalists in one event

外部リンク[編集]