アルメロ (コロンビア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アルメロ
Armero
コロンビアの旗
—  自治体  —


印章
トリマ県におけるアルメロの位置
座標: 北緯4度58分00秒 西経74度54分00秒 / 北緯4.96667度 西経74.90000度 / 4.96667; -74.90000
 コロンビア
地域 アンデス地域
トリマ県の旗 トリマ県
面積
 - 計 440.5km2 (170.1mi2)
人口 (2017年)
 - 計 11,724人
等時帯 東部標準時 (UTC-5)

アルメロArmero)またはアルメロ=グアヤバルArmero-Guayabal)は、コロンビアトリマ県基礎自治体

歴史[編集]

町の建設は1895年に始まり、1908年にラファエル・レイエス大統領によって町として正式に承認された。町はもともとサン・ロレンソ(San Lorenzo)という名前だった。 1930年、殉教者のホセ・レオン・アルメロを偲び「アルメロ」に名称が変更された[1]。町は綿花栽培の中心地域として栄え、「白い町」と呼ばれていた。

1985年11月13日、ネバドデルルイス火山の噴火とそれに伴うラハールの直撃により、当時の住民約31,000人のうちおよそ23,000人が死亡し町も破壊された。この災害の後、アルメロは隣町のグアヤバルと合併。生存者はグアヤバルに移転し、アルメロは放棄されゴーストタウンとなった。

町があった場所には生存者によって広大な墓地が作られた。放棄された町の施設(病院、公園、劇場など)は記念館に改修され、在りし日のアルメロを知ることができる。

脚注[編集]

  1. ^ Armedo, Colombia”. Ghosttown Cofee (2014年4月1日). 2014年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、アルメロ (コロンビア)に関するカテゴリがあります。