アルベマール湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルベマール湾にはおもに二つの川(チョワン川とロアノーク川)が流れ込む。湾の南のロアノーク島の両脇の水路を通して、パムリコ湾とつながっている。
1918年にノーフォーク・サザン鉄道トレッスル鉄道橋が作られたが、1980年代に廃止された。
地図

アルベマール湾(アルベマールわん、Albemarle Sound)は、アメリカ合衆国東海岸ノースカロライナ州の北東部に位置する潟湖である。

概要[編集]

アルベマール湾はアウターバンクスにより大西洋と隔てられており、多くは浅瀬である。南へはロアノーク島の両脇のクロアタン海峡ロアノーク海峡を経てパムリコ湾に繋がる。

アルベマール湾へ流れ込むおもな川は、バージニア州から流れ来るチョワン川(Chowan River)、ノースカロライナ州からのロアノーク川(Roanoke River)である。

北のチェサピーク湾とはアルベマーレ・チェサピーク運河でつながり、ワシントンD.C.まで至る。[1] 沿岸内水路の一部である。

歴史[編集]

歴史的には、アルベマール湾沿岸には、もともとアルゴンキン族が住んでいて、湾内で魚を採ったりしていた。

1586年には、イギリス人がアルベマール湾沿岸を調査している。半世紀後にはバージニアからのヨーロッパ人はアルベマール湾沿岸へ拠点を設立して、そこは西インド諸島からの砂糖などと、アメリカ大陸のタバコなどを交易する場所として栄えた

1963年にはチャールズ2世 はアルベマール湾地区を「カロライナ植民地」の一部にして、おもにアルベマール公ジョージ・マンク が受け取ったので「アルベマール湾」の名称が残った。

ライト兄弟が1903年初めて飛行したキル・デビル・ヒルズと、それを外部へ報告した近くのキティホークは、共にこの湾の東側のアウターバンクス砂州にある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度3分54.72秒 西経76度3分52.31秒 / 北緯36.0652000度 西経76.0645306度 / 36.0652000; -76.0645306