アルブレヒト・ヴィルヘルム・ロート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


アルブレヒト・ヴィルヘルム・ロート(Albrecht Wilhelm Roth、1757年1月6日 - 1834年10月16日)は、ドイツ医師植物学者である。

生涯[編集]

デートリンゲン牧師の息子に生まれた。ハレ大学医学を学んだ。エアランゲン大学で医学号を得た後、デートリンゲンで21年間医師として働いた。1779年に、1000人しか住民がおらず、周りの地域にも医師がいないニーダーザクセン州のフェーゲザック(Vegesack)に移った。 1781年に、Landphysikusに任命され、いくつかの医学書を執筆した。フェーゲザックに移住してから、科学書の執筆をはじめ、1788年の植物書、『ドイツ植物相試論』("Tentamen florae germanicae")はドイツのすべての植物を分類したもので、ヴィルヘルム・オルバース・フォッケ(Wilhelm Olbers Focke)によって高く評価された。1802年に海藻の調査のために北海バルト海を調査した。

1787年にヴェーザー河畔に土地を与えられ、庭園を作り上げ、これは後にフェーゲザックの市立庭園になっている。ロートの評判はゲーテの知るところとなり、1803年にイェナ大学から植物学教授、1810年にエアランゲン大学から教授への就任を求められるが断った。1808年にババリア科学アカデミーの会員に選ばれた。

マメ亜科の属名、Rothia献名されている。

著作[編集]

  • Beyträge zur Botanik. 1782–1783.
  • Tentamen florae germanicae. 1788–1800.
  • Catalecta botanica … 1797–1806.
  • Novae plantarum species praesertim Indiae orientalis. 1821.
  • Enumeratio plantarum phaenogamarum in Germania sponte nascentium. 1827.
  • Manuale botanicum. 1830.

参考文献[編集]

  • Wilhelm Olbers Focke: Roth, Albrecht Wilhelm. In: Brem. Biographie des 19. Jahrhunderts. 1912.