アルヌワンダ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルヌワンダ3世
ヒッタイト
在位 紀元前1215年頃 - 紀元前1214年
死去 紀元前1214年
父親 トゥドハリヤ4世
テンプレートを表示

アルヌワンダ3世Arnuwanda III, ? - 紀元前1214年頃)は、ヒッタイト帝国の大王。

事績[編集]

先王トゥドハリヤ4世の息子。先王が紀元前1215年頃に死去した後、大王に即位。しかし治世は1年余りに過ぎなかった。史料によれば、ハットゥシャの住民が彼に対し反乱を起こしたという。その後、兄弟のシュッピルリウマ2世が大王に即位した。

この反乱については詳しいことは不明だが、アルヌワンダが何らかの理由で死んだことは確実とみられる。シュッピルリウマは自己の即位の正当性を守るため、それを脅かす可能性のあるアルヌワンダの子を宿している女性がいないかを探させたが、結局見つからなかった。

文献[編集]

  • Birgit Brandau, Hartmut Schickert: Hethiter Die unbekannte Weltmacht, Piper, ISBN 3492239781

外部リンク[編集]


先代:
トゥドハリヤ4世
ヒッタイトの大王
紀元前1215年頃 - 1214年頃
次代:
シュッピルリウマ2世