コンテンツにスキップ

アルテュール・デ・グレーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルテュール・デ・グレーフ

アルテュール・デ・グレーフ(Arthur De Greef, 1862年10月10日 ルーヴァン - 1940年8月29日)はベルギーピアニスト作曲家

概要

[編集]

11歳で地元の音楽コンクールで優勝し、その後王立ブリュッセル音楽院イグナーツ・モシェレス門下のルイ・ブラッサンピアノを師事し、17歳で優等で卒業。その後ヴァイマルに行き、フランツ・リストの薫陶を受け修業時代を仕上げる。ヴァイマルでの2年間の後、演奏会ピアニストとして各地で演奏旅行を行い、成功者としての道のりを歩き始める。親交を結んだエドヴァルト・グリーグからは「私がこれまで出会った中で一番の私の作品の理解者」と呼ばれ、カミーユ・サン=サーンスからも支持を得た。リストの高弟として遺した録音は近年になって再発掘され、再評価されつつある。

作品

[編集]

作曲活動に着手したのは30代を迎えてからであり、セルゲイ・ラフマニノフの作風によく似た2つのピアノ協奏曲が代表作であるが、ほかに近年では2台ピアノのためのピアノソナタや、ピアノを含む室内楽曲も見直されつつある。

管弦楽曲

[編集]
  • ユーモレスク(1928年)
  • イタリア組曲
  • 管弦楽のための組曲(フランドル組曲) ト長調
  • 秋の印象
  • 4つのフランドル歌曲

協奏的作品

[編集]
  • フランドル民謡による幻想曲 作品3(1892年)
  • ピアノ協奏曲第1番 ハ短調(1914年)
  • ピアノ協奏曲第2番 変ロ短調(1930年)
  • ソプラノと管弦楽のための5つの愛の歌
  • ピアノ小協奏曲

室内楽曲

[編集]
  • ヴァイオリンとピアノのための4つの性格的小品(1883年頃)
  • ヴァイオリンソナタ第1番 ニ長調(1896年)
  • ヴァイオリンソナタ第2番 ハ長調
  • ピアノ三重奏曲 ヘ長調(1935年)

ピアノ曲

[編集]
  • 日没
  • 5つの演奏会用練習曲
  • 6つの新しい演奏会用練習曲
  • 2台のピアノのためのソナタ ハ短調(1928年)
  • ヴァルス=カプリス(2台ピアノ)

外部リンク

[編集]