アルコナ級コルベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルコナ級コルベット
アルコナ
アルコナ
基本情報
種別 コルベット (フリゲート)
運用者 プロイセン王国海軍
北ドイツ連邦海軍
ドイツ帝国海軍
就役期間 1859年 - 1887年
前級 バルバロッサ
次級 ニンフェ級ドイツ語版
要目 (ネームシップ)
常備排水量 1,928トン
満載排水量 2,391トン
全長 71.95 m
水線長 63.55 m
最大幅 13.0 m
吃水 前部5.55 m / 後部6.35 m
ボイラー 石炭専焼箱型煙管缶×4缶
主機 横置き型単段膨脹2気筒
レシプロ蒸気機関×1基
推進器 スクリュープロペラ×1軸
出力 1,365 hp
最大速力 12.4ノット
航続距離 1,150海里 (11kt巡航時)
燃料 石炭229トン(満載)
乗員 425名
兵装 68ポンド砲(21cm砲)×28門
(22口径15cm砲×17門に後日換装)
テンプレートを表示

アルコナ級コルベットドイツ語: Gedeckte Korvetten der Arcona-Klasse)は、プロイセン王国海軍が建造した機帆走コルベットの艦級。公式の艦種呼称は甲板付きコルベット(Gedeckte Korvette)であったが、海外観測筋ではフリゲートとして扱われた[1]。なお本級は、プロイセン海軍において初の蒸気機関で航行する軍艦であった。

来歴[編集]

1854年度海軍計画により、海外居留民保護など海外任務を行うための艦級として5隻が計画された。

設計[編集]

船体の基本形状は艦首水面下に衝角をもつ鉄骨木皮の船体に3本のシップ式マストと中央部に帆走時には伸縮する1本煙突を持つ当時の一般的な蒸気船の形態で、艦橋は2番マストの後方にあった。修理ドックの少ない海外で使用するために水面下には腐食や汚れの付きにくい板が貼られた。

艦砲としては、68ポンド砲(21cm砲)舷側砲方式で片舷14基ずつ計28基を装備した。その後、1869年にまず後期建造艦3隻が22口径15cm砲17~19門および23口径125mm砲2門に換装した。残る2隻も、1870年には22口径15cm砲17門に換装した[1]

同型艦[編集]

同型艦一覧[1]
艦名 起工 進水 竣工 除籍
アルコナ
SMS Arcona
1855年 1858年5月19日 1859年4月15日 1884年
ガツェレ
SMS Gazelle
1856年 1859年12月19日 1861年4月22日
ヴィネタ
SMS Vineta
1860年 1863年6月4日 1864年3月3日
ヘルタ
SMS Hertha
1864年10月1日 1865年11月1日
エリーザベト
SMS Elisabeth
1866年 1868年10月18日 1869年9月29日 1887年

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Robert Gardiner, ed (1979). Conway's All the World's Fighting Ships 1860-1905. Conway Maritime. p. 250. ISBN 978-0851771335. 
  • 「世界の艦船増刊第60集 ドイツ巡洋艦史」(海人社)

関連項目[編集]