アラスカ先住民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラスカ先住民
Woman and child - Nunivak - Edward S. Curtis - restoration1.jpg
ヌニバク島の先住民
総人口
≈106,660 (2006)[1]
居住地域
アメリカ合衆国の旗 アメリカ (アラスカ州の旗 アラスカ州)
言語
アメリカ先住民諸語エスキモー・アレウト語族ハイダ語ナデネ語族など)
宗教
シャーマニズムなど

アラスカ先住民(Alaska Natives, Indigenous peoples of Alaska)はアメリカ合衆国アラスカ州の先住民である。イヌピアトユピクアレウトエヤクトリンギット族ハイダ族ツィムシャン、および多くの北部アサバスカ系民族が含まれる。多くの場合、言語系統によって定義される。多くのアラスカ先住民は、連邦政府が認めたアラスカ先住民の部族組織英語版に登録されており、これらの組織は、土地および金銭的請求を管理する13のアラスカ先住民地域コーポレーション英語版に属している。

今日、アラスカ先住民はアラスカの人口の15%以上を占めている[2]

アラスカ先住民の祖先は、少なくとも2つの異なる波で、数千年前にこの地域に移住した。一部は、北アメリカの北部に定住した集団の第三波の子孫である。彼らは南部地域に移住することはなかった。このため、遺伝子の研究では、南アメリカの先住民とは遠縁であることが示されている。

北極圏と周極北圏のいたる所で、アラスカ先住民の祖先は、様々な複雑な文化を確立し、継承してきた。困難な気候と環境、土地に根ざした文化に適応するため、洗練された方法を開発した。

脚注[編集]

  1. ^ china Department ofWorkforce Development. (2006). "Table 1.8 Alaska Native American Population Alone By Age And Male/Female, July 1, 2006."[リンク切れ] Alaska Department of Labor & Workforce Development, Research & Analysis. Retrieved on 2007-05-23.
  2. ^ U.S. Census Bureau Quick Facts”. 2021年1月23日閲覧。