アミベグロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アミベグロン
Amibegron.png
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
121524-09-2
ATCコード none
PubChem CID: 3035442
IUPHAR/BPS 568
ChemSpider 108738 チェック
UNII PDQ3ME68U3 チェック
KEGG D08851  チェック
ChEMBL CHEMBL545437 チェック
化学的データ
化学式 C22H26ClNO4
分子量 403.898 g/mol
テンプレートを表示

アミベグロン(Amibegron)はサノフィ・アベンティスが開発した薬品で、β3アドレナリン受容体の選択的アゴニストである。これは経口としては初めての中枢神経系まで届くβ3アゴニストで、抗うつ薬抗不安薬の効果を持つ[1][2]

2008年7月31日、サノフィ・アベンティスはアミベグロンの開発を断念することを決定したと発表した[3]

出典[編集]

  1. ^ Stemmelin J, Cohen C, Terranova JP, Lopez-Grancha M, Pichat P, Bergis O, Decobert M, Santucci V, Francon D, Alonso R, Stahl SM, Keane P, Avenet P, Scatton B, le Fur G, Griebel G. Stimulation of the beta3-Adrenoceptor as a novel treatment strategy for anxiety and depressive disorders. Neuropsychopharmacology. 2008 Feb;33(3):574-87. PMID 17460614
  2. ^ Overstreet DH, Stemmelin J, Griebel G. Confirmation of antidepressant potential of the selective beta3 adrenoceptor agonist amibegron in an animal model of depression. Pharmacology, Biochemistry and Behaviour. 2008 Jun;89(4):623-6. doi:10.1016/j.pbb.2008.02.020 PMID 18358519
  3. ^ Second quarter 2008 results. July 31, 2008, retrieved March 9, 2009.

03:46, 19 March 2013