アマヤドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アマヤドリは、日本の劇団。主宰は広田淳一東京大学内の演劇サークルのメンバーを中心に2001年結成。東京都を拠点に活動している。2012年に劇団名を「ひょっとこ乱舞(ひょっとこらんぶ)」から現在の名前に改めた。

概要[編集]

  • 主に広田のオリジナル戯曲を上演している。基本的にはストレートプレイだが、物語の中に群舞やクラッピングなどの要素を取り入れている。
  • 結成当初は演劇ユニットとしての活動だったが、2008年より劇団化。
  • スタジオ空洞[1]の運営をしており、広田戯曲の再演や古典戯曲の上演を中心とした小規模公演「雨天決行」シリーズを同スタジオで行っている。

所属俳優[編集]

広田淳一(作・演出・主宰)
中村早香
渡邉圭介
小角まや
榊菜津美
沼田星麻
相葉るか
相葉りこ
宮崎雄真
一川幸恵
倉田大輔

所属デザイナー[編集]

山代政一

以前在籍していた主な俳優[編集]

成河

伊東沙保

松下仁

稲垣干城

田中美甫(まひる)

糸山和則

笠井里美

石本政晶

中野智恵梨

公演[編集]

ひょっとこ乱舞時代[編集]

  • 第一回公演「一石二鳥ワイルド」(2000年4月)
  • 第二回公演「圧縮」(2001年10月)
  • 第三回公演「燃え切った焚火を見ている」(2002年10月)
  • 第四回公演「馬鹿はおまえだ」(2003年3月)
  • 第五回公演「愛にキて」(2003年7月)
  • 第六回公演「ジョシ」(2003年9月)
  • 第七回公演「鼻殺げ、ダックス」(2003年12月)
  • 第八回公演「銀髪」(2004年5月)
  • 第九回公演「フナの心臓、メチルの心」(2004年9月)
  • 第十回公演「馬鹿はおまえだ」(再演/2004年12月)
  • 第十一回公演「無題のム」(2005年2,3月)
  • 第十二回公演「旅がはてしない」(2005年7月)
  • 第十三回公演「今はチキンを」(2005年11月)
  • 第十四回公演「燃え切った焚火を見ている/無題のム/ジョシ」(3本立て/2006年3月)
  • 第十五回公演「水」(2006年7月)
  • 第十六回公演「でも時々動いてるわ」(2006年10月)
  • 第十七回公演「銀髪」(再演/2007年1月)
  • 第十八回公演「トラビシャ」(2007年9月)
  • 第十九回公演「愛にキて」(再演/2008年2月)
  • 第二十回公演「プラスチックレモン」(2008年10月)
  • 第二十一回公演「旅がはてしない」(再演/2009年7月)
  • 第二十二回公演「モンキー・チョップ・ブルックナー!!」(2009年12月)
  • 第二十三回公演「水/ブリキの町で彼女は海を見つけられたか」(二本立て/2010年6月)
  • 第二十四回公演「ロクな死にかた」(2011年2月)
  • 第二十五回公演「うれしい悲鳴」(2012年3月)

アマヤドリ改名後[編集]

  • 「幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい」(ひょっとこ乱舞改め、アマヤドリの国内旅行!/2012年5月~10月)
  • 第0回公演「フリル」(2012年9月)
  • 「月の剥がれる」(2013年3月)
  • 「太陽とサヨナラ」(2013年10月)
  • 「うれしい悲鳴」(2013年10月)
  • 「ぬれぎぬ」(アマヤドリ2014三部作「悪と自由」のシリーズvol.1/2014年4月)
  • 「非常の階段」(アマヤドリ2014三部作「悪と自由」のシリーズvol.2/2014年9月)
  • 「悪い冗談」(アマヤドリ2014三部作「悪と自由」のシリーズvol.3/2015年3月)
  • 「すばらしい日だ金がいる」(2015年9月)
  • 「ロクな死にかた」(2016年4月~5月)
  • 「月の剥がれる」(2016年9月〜10月)
  • 「銀髪」(2017年1月)
  • 「ロクな死にかた」(2017年2月〜3月)
  • 「非常の階段」(2017年5月〜6月)
  • 「青いポスト」/「崩れる」(2017年11月〜12月)

雨天決行シリーズ[編集]

  • season.1「うそつき/千両みかん・屋上庭園」(2013年6月)
  • season.2「うそつき/幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい」(2013年7月)
  • season.3「ヘッダ・ガーブレル」(2014年5月)
  • season.4「海の夫人/水」(2014年12月)
  • season.5「ウィンドミル・ベイビー/冒した者」(2015年5月)

脚注[編集]

外部リンク[編集]