アフリカナガバノモウセンゴケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アフリカナガバノモウセンゴケ
Drosera capensis habit Darwiniana.jpg
アフリカナガバノモウセンゴケ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: モウセンゴケ科 Droseraceae
: モウセンゴケ属 Drosera
: アフリカナガバノモウセンゴケ
D. capensis
学名
Drosera capensis L.[1]

アフリカナガバノモウセンゴケ Drosera capensis は、モウセンゴケ属の植物の一つ。細長い葉を持つ。古くから栽培される。

特徴[編集]

多年生の草本[2]。初期には細長い葉を多数、根出状につけるが、次第に茎は立ち上がり、高さ5cm程度になって葉を互生する。葉ははっきりした葉柄がある。葉柄は長さ3-10cm、葉身よりやや幅狭く、中央に浅い縦溝がある。葉身は線形から線状のさじ形をなし、長さ3-6cm、幅は3-4mm、葉表には赤い粘毛を密生する。茎の下部は枯れた葉に覆われる[3]。食虫植物であり、葉の粘毛で虫を捕らえる。虫が張り付いた葉は、大きく折り畳むように曲がって虫を包む[4]

花期は5-6月[5]。15-25cmの長さに達する花茎を立て、先端に5-40の総状花序につける。花は茎の片方だけに生じ、下から開花するが、蕾の部分は下を向く。花は桃紅色で径は約2cm、花弁は楔形で長さ7-11mm、幅5-8mm。花柱は3、基部で2裂する。ただし地方変異もあり、葉幅がより広いものや狭いもの、花色が白いものなども知られる[6]

分布[編集]

南アフリカケープ地方の原産。

利用[編集]

古くから園芸用に栽培された。改良品種も少数ながらある。栽培は容易だが、耐寒性は低く、凍らない程度の保温を要する[7]。種子もよく取れるが、根を切って不定芽を出させることでも繁殖させる[8]

出典[編集]

  1. ^ Drosera capensis in The Plant List”. 2015年3月16日閲覧。
  2. ^ 以下、記載は主として『園芸植物大事典 2』、(1994),p.2455
  3. ^ 浅山他(1977),p.85
  4. ^ 食虫植物研究会(2003),p.70
  5. ^ 浅山他(1977),p.85
  6. ^ 食虫植物研究会(2003),p.70
  7. ^ 『園芸植物大事典 2』、(1994),p.2455
  8. ^ 浅山他(1977),p.85

参考文献[編集]

  • 『園芸植物大事典 2』、(1994)、小学館
  • 浅山英一他、『原色図譜 園芸植物 温室編』、(1977)、平凡社
  • 食虫植物研究会編、『世界の食虫植物』、(2003)、誠文堂新光社