モウセンゴケ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モウセンゴケ科
D rotundifolia 20030510a.jpg
モウセンゴケの捕虫葉
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: モウセンゴケ科 Droseraceae
学名
Droseraceae
Salisb. (1808)

モウセンゴケ科 (Droseraceae) はナデシコ目の一つ。すべて食虫植物である。3200弱が所属するうち、ムジナモ属とハエトリグサ属は1種からなり、大部分はモウセンゴケ属に数えられる。日本には2属7種が産する。牧野 (1940) はイシモチソウから取っていしもちさう科としている[1]

特徴・分類[編集]

いずれも捕虫葉を持つ。モウセンゴケ属は腺毛で、ムジナモとハエトリグサは挟み罠で昆虫などを捕らえる。

新エングラー体系ではサラセニア目クロンキスト体系ではウツボカズラ目APG分類体系ではナデシコ目に所属している。クロンキスト体系以前は、イベリア半島モロッコに分布するドロソフィルム属が、20世紀初頭まではアフリカに分布するロリドゥラ属が本科に含まれていた。

[編集]

分布[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 牧野, 富太郎牧野日本植物圖鑑』北隆館、1940年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Droseraceae in Watson, L., and Dallwitz, M.J. 1992 onwards. The families of flowering plants: descriptions, illustrations, identification, and information retrieval. Version: 29th July 2006. http://delta-intkey.com
  • Droseraceae in the Flora of China