アフマド・シャー・ドゥッラーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アフマド・シャー・ドゥッラーニー

アフマド・シャー・ドゥッラーニーAhmad Shāh Durrāni, 1722年 - 1772年10月16日)は、アフガニスタン王国ドゥッラーニー朝の君主(シャー、在位:1747年 - 1772年。創始者でもある。パシュトゥーン人アブダーリー部族連合ポーパルザイ族サドーザイ氏族出身。アフマド・シャーは、アブダーリー部族連合の名前を「真珠の時代」を意味するドゥッラーニーに変え、彼が創始した王朝の名前ともなった。

生涯[編集]

自立するまでは、アフマド・ハーン・アブダーリーとして、アフシャール朝の君主ナーディル・シャーに武将として仕えていた。

1747年、ナーディル・シャーの死後、カンダハールに進軍してアフシャール朝から自立した。同年10月、ローヤ・ジルガにおいて、アフガニスタン最初のシャーに推戴された。ここにアフガニスタンは政治的独立を確立した。

1749年春、25,000の軍でヘラートを征服。ついでマシュハドニーシャープールを攻め、1750年の春にはアフシャール朝の首都ニーシャープールを陥落させた。

1751年には東に向かい、インドのムガル朝から、パンジャーブカシミールを割譲させた。その後も各地で転戦し、王国の基礎を築いた。

1761年1月14日には、インドの覇権を握りつつあったマラーター同盟の軍勢を第三次パーニーパットの戦いで破り、その北進の中断と結束を崩すことに成功した。

参考文献[編集]

  • ヴィレム・フォーヘルサング; 前田耕作、山内和也訳 『世界歴史叢書 アフガニスタンの歴史と文化』 明石書店、2005年 

関連項目[編集]

先代:
創設
アフガニスタン国王
ドゥッラーニー朝
初代:1747年 - 1772年
次代:
ティムール・シャー・ドゥッラーニー