アドリアノープルの和約 (1547年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
条約の1ページ目

アドリアノープルの和約(アドリアノープルのわやく、英語: Truce of Adrianople)は1547年オスマン帝国領アドリアノープル(現トルコエディルネ)で締結された、神聖ローマ皇帝カール5世とオスマン帝国のスレイマン1世の間の条約。

条約により、カール5世とオーストリア大公フェルディナント1世はハンガリーが完全にオスマン帝国の支配下に入ることを承認し[1]ハプスブルク家が引き続きハンガリー西部と北部に領地を有する代わりにオスマン帝国に3万金フローリンの年貢を支払うことまで同意した[2][3]。条約はオスマン軍が1543年のエステルゴム包囲戦英語版などの重要な戦闘で勝利した後に結ばれた。

脚注[編集]

  1. ^ Cartography in the traditional Islamic and South Asian societies by John Brian Harley p.245 [1]
  2. ^ Ground warfare: an international encyclopedia by Stanley Sandler p.387 [2]
  3. ^ The Cambridge history of Islam by Peter Malcolm Holt p.328