アテネ貨幣博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg アテネ貨幣博物館
Numismatic Museum, Athens
Numismatic Museum of Athens 2011.JPG
施設情報
専門分野 貨幣博物館
館長 Dr. Georgios Kakavas
所在地 {{{所在地郵便番号}}}
ギリシャの旗 ギリシャアテネパネピスティミオウ通り英語版
アクセス アテネ地下鉄駅:
シンタグマ駅パネピスティミオ駅
公式サイト Official website
プロジェクト:GLAM

アテネ貨幣博物館 (英語: Numismatic Museum of Athens, ギリシア語: Νομισματικό Μουσείο) は、ギリシャの重要な博物館の1つであり、古代から現代まで、世界中の膨大なコレクションを収容している。博物館は、著名な考古学者で、イリオスの場所の発見で知られる、旧ハインリヒ・シュリーマン邸宅に置かれる。

歴史[編集]

ファサード

最初に州によってコイン収集の試みが始まったのは、アイギナ島からのギリシャ独立の後である。コレクションは、発掘、購入、寄付により豊かになっていった。博物館は、アテネ国立考古学博物館とほぼ同じ年代の1838年に設立され、組織は独立したが、長続きしなかった。コレクションは、ギリシャ国立図書館英語版の一部となり、アテネ大学に置かれ、後にコレクションが最初に展示されることになるアテネ・アカデミー英語版に移った。1946年、コレクションは、アテネ国立考古学博物館内に移された。博物館の組織は、1893年と1965年の2回独立した[1]

イリウ・メラトロンは、1984年にコレクションを収容するために与えられ、大きな修復工事の後、1998年に最終的にオープンした[2]

イリウ・メラトロン[編集]

貨幣博物館は、パネピスティミオウ通り英語版に面する3階建ての建物、「イリウ・メラトロン」にある。建物は、1878年から1880年にかけて、ハインリヒ・シュリーマンのために建設され、建築家は有名なエルンスト・ツィラー英語版である。完成当時、アテネで最も壮麗な私邸と考えられていた。設計は、新古典主義ネオルネッサンス建築の影響を受けており、内装はポンペイの建築を模倣している。その結果、部屋はモザイク、トロイ戦争やギリシャの標語をテーマにした壁画で飾られている[3]。1927年、ハインリヒ・シュリーマンの未亡人は、建物をギリシャ政府に売り、州議会として使用された後、大審院となった[2]

博物館の内装

建物の使用により、裁判所は多くの損傷を負っていた。建物は、貨幣博物館の建物に選ばれ、フロアのモザイク、壁画の修復など、改修を受けた。貨幣コレクションの公開は、1998年に部分的に改修された建物で始まり、2007年には全てのコレクションが見られるようになった[4]

コレクション[編集]

博物館のコレクションには、紀元前14世紀から現代までの600,000点が含まれ、主はコインであるが、メダルや塊、金型、スタンプなどもある[5]。コレクションは、貨幣の歴史順に並べられている。博物館は、紀元前6世紀から紀元5世紀までの、ギリシャのポリスヘレニズム、ローマ帝国時代など、非常に重要なコレクションを保管している。また、東ローマ帝国や西ヨーロッパ、東ヨーロッパの中世、オスマン帝国のコレクションもある。

コレクションの大部分は、保管されていたコインで占められ、残りはエーゲ海の初期のコレクション、ギリシャ本土の発掘で見つかったもの、寄付などである。

博物館には、貨幣の学問を専門とする12,000冊の本を収容する図書館がある。また、完全な設備を持つ保存研究室もある。

位置[編集]

貨幣博物館は、シンタグマ広場に近いパネピスティミオウ通り英語版 12に位置する。最寄り駅は、地下鉄シンタグマ駅。庭園には、ミュージアムショップとコーヒーハウスがある。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Papyros Larousse Britannica, Athens, 2006
  2. ^ a b THE ILIOU MELATHRON”. Numismatic Museum, Athens. 2013年3月15日閲覧。
  3. ^ Ιλίου Μέλαθρον”. ΑΡΧΕΙΟ ΝΕΟΤΕΡΩΝ ΜΝΗΜΕΙΩΝ. 2013年3月15日閲覧。
  4. ^ Ιστορικό”. odysseus.culture.gr. 2013年3月15日閲覧。
  5. ^ Touratsoglou, I. “Numismatic Museum of Athens, Archaeology and Arts, after 1998 (PDF)” (Greek). arxaiologia.gr. 2013年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度58分40.08秒 東経23度44分07.44秒 / 北緯37.9778000度 東経23.7354000度 / 37.9778000; 23.7354000