アッシュール・ナディン・シュミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アッシュール・ナディン・シュミAshur nadin shumi、在位:紀元前699年 - 紀元前694年)は、新アッシリア王国時代にバビロニア王として派遣されたアッシリアの王子。エラムに支援されたバビロニアの反乱を抑えられず捕縛され行方不明となった。

来歴[編集]

アッシリア王センナケリブの息子として生まれ、後継者であると目されていた。末弟にはエサルハドン(母はナキア)がいる。

アッシリアによる傀儡のバビロニア王ベール・イブニ英語版が結局アッシリアに背いて反乱を起こすと、センナケリブは彼を倒した。その後アッシュール・ナディン・シュミは父王の命令によってバビロニアに赴き、バビロニア王に即位して現地の統治に当たった。しかしバビロニアには反アッシリア感情が渦巻いており、エラムの支援の元でネルガル・ウシェズィプ英語版が反乱を起こした。アッシュール・ナディン・シュミはこの反乱の鎮圧に失敗し、エラムによって連れ去られ行方不明となった。このことはアッシリアで王位継承問題が発生する原因の一つとなった。

先代:
ベール・イブニ英語版
バビロニア王
105代
前699 - 694
次代:
ネルガル・ウシェズィプ英語版