アダルトサヴァイヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アダルトサヴァイヴァーもしくはアダルトサバイバー(Adult Survivor)とは、幼少期に機能不全家庭で育ったり、成長の過程で心的外傷を負わされたことにより、何とか生き延びて思春期・成人期に達してはいるものの、人間成長のどこかの段階を喪失したために、その好ましくない影響を心身に色濃く残している人々をいう。

背景[編集]

もともとはAdult Children of Alcoholicsという概念でアメリカに発祥し、クラウディア・ブラックによってAdult Children of Dysfunctional Familyとして発展し、日本へはAdult Childもしくは「アダルトチルドレン」として1990年代に紹介されたが、日本においては社会の理解が追いつかず、マスコミなどの誤用によって本来の意味を逸脱して定着してしまった(参照:アダルトチルドレン#誤用)。そのため、専門家たちが自らアダルトチルドレンという用語を使わないようになり、代わりに臨床的な必要性から原義を生かしてこの「アダルトサヴァイヴァー」という語を用いるようになったものである。

したがって、アダルトチルドレンという語を理解する人々にとっては、概要はアダルトチルドレンのそれとほぼ同じといってよい。同語を理解しない人にとっては意味が異なることになるが、いずれにせよ語彙論として二つの語を比べたときは、アダルトサヴァイヴァーのほうがやや「治療に前向きな姿勢を持つ者」というニュアンスを持ち、またアダルトチルドレンの方がやや通俗的な響きを持つという違いは生じてきている。

特徴[編集]

不眠悪夢パニック発作解離性障害身体化障害抑うつ無気力自己嫌悪自傷行為自殺未遂などといった「症状を以って幼少期の外傷性体験を語っていること」が、アダルトサヴァイヴァーの初期の特徴である。

また、対人恐怖を持ちながら、心を開いた他者に対しては一転して依存的になり、退行したあげくに欲求が満たされないとして攻撃的になるという対人関係様式を持つ事が多い。これは境界性パーソナリティ障害と酷似しているため、境界性パーソナリティ障害とアダルトサヴァイヴァーの病理的な重複や連続性が、専門家のあいだでは議論の対象となっている。

嗜癖との関係[編集]

アダルトサヴァイヴァーは、無意識のうちに行なっていた自己治療の試みと見られるさまざまな嗜癖行動を持続していることが多い。嗜癖行動の内容は、薬物依存アルコール依存摂食障害恋愛嗜癖など多様である。逆に嗜癖行動を持つ者は、自覚的・無自覚的を問わず、アダルトサヴァイヴァーであることが断然多い。

病理学的位置[編集]

診断史的観点[編集]

19世紀末にヒステリーとして一括された症状群は、その後20世紀に入ると、一部が急性分裂病性反応、非定型精神病精神分裂病などに包含されていき、残りの一部(かつて「ヒステリー人格」と呼ばれていたもの)は反社会性人格境界性人格自己愛性人格演技性人格などのパーソナリティ障害として分類されるようになった。そしてついにヒステリーという疾患そのものが解体されるに到り、解離性障害身体性障害身体表現性障害などへ分解された。

一方ではこのプロセスと並行して、「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)」「疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD)」などの横断的診断分類の基本概念と、ほんとうは対立するはずの縦断的診断分類が、心的外傷後ストレス障害(PTSD)としてDSMのなかに含まれるようになっていった。

解離との関連[編集]

かたや19世紀後半に「二重意識」として「記憶の科学」を誕生させる契機となった多重人格に対する関心が、1980年代になって再び高まり、解離性同一性障害(DID:Dissociative Identity Disorder)を一方の極とし、上述してきたような人格的偏倚(へんい)を他方の極とする解離性連続体Dissociative Continuum[1]の概念と、その縦断的・起因的な用件として幼児期の外傷ストレスという、いわば三次元的な症状発生機構が想定されるに至っている[2]

このように精神分裂病と気分障害を中核として成立してきた従来の精神障害の診断分類の整合性が根底から崩れてきたため、DSMの第1軸診断をPTSDとし、第2軸診断に境界性パーソナリティ障害を記さなければならない症例が増加してきたわけである。

こうして、以前の平面的な診断分類によるものではなく、もっと立体的で包括的な概念としてアダルトサヴァイヴァーは捉えられる必要があり、それはまた以前の精神医学の体系の見直しを迫るものでもある。

類型[編集]

アダルトチルドレンの役割」を参照のこと。

脚注[編集]

  1. ^ Putnum, F.W. (1998年). Developmental Consequences of Child Sexual Abuse. American Psychological Association. 
  2. ^ 斎藤学 「児童虐待によるPTSDの治療」『児童虐待』 金剛出版、1998年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]