アダム・フランツ・カール・ツー・シュヴァルツェンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アダム・フランツ・カール・ツー・シュヴァルツェンベルク
シュヴァルツェンベルク侯爵家英語版
Schwarzenberg, Adam Franz.jpg

出生 (1680-09-25) 1680年9月25日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国 リンツ
死去 (1732-06-11) 1732年6月11日(51歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国 ブランディース・ナト・ラベム=スタラー・ボレスラフドイツ語版
配偶者 エレオノーレ・フォン・ロプコヴィッツドイツ語版
子女 ヨーゼフ1世・ツー・シュヴァルツェンベルクドイツ語版
父親 フェルディナント・ツー・シュヴァルツェンベルクドイツ語版
テンプレートを表示

アダム・フランツ・カール・ツー・シュヴァルツェンベルクドイツ語: Adam Franz Karl zu Schwarzenberg1680年9月25日 - 1732年6月11日)は、神聖ローマ帝国の貴族。フェルディナント・ツー・シュヴァルツェンベルクドイツ語版の次男。

狩猟中の神聖ローマ皇帝カール6世に誤って撃たれ[1]、「陛下に命を捧げるのは、臣下の義務でございます」という臨終の言葉を残して死去した[1]

子女[編集]

エレオノーレ・フォン・シュヴァルツェンベルクドイツ語版フェルディナント・アウグスト・フォン・ロプコヴィッツの娘)との間に、1男1女を儲けた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 岩崎(2017) p.202

参考文献[編集]

  • 岩崎周一『ハプスブルク帝国』講談社現代新書、2017年8月。ISBN 978-4-06-288442-6

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、アダム・フランツ・カール・ツー・シュヴァルツェンベルクに関するカテゴリがあります。