アセトゲニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンノナシンの化学構造

アセトゲニン (acetogenin) 類は、バンレイシ科植物に含まれるポリケチド天然物の一群である。ヒドロキシル基ケト基エポキシドテトラヒドロフランテトラヒドロピランなどの酸素化官能基を含む炭素数32あるいは34の直鎖を特徴とする。末端にはしばしばラクトンあるいはブテノリドを持つ[1]。これまでに51種の植物から400を越えるアセトゲニン類が単離されている[2]

アセトゲニン類の例:

脚注[編集]

  1. ^ Li, N.; Shi, Z.; Tang, Y.; Chen, J.; Li, X. (2008年). “Recent Progress on the Total Synthesis of Acetogenins from Annonaceae”. Beilstein Journal of Organic Chemistry 4 (48): 1–62. doi:10.3762/bjoc.4.48. PMC 2633664. PMID 19190742. http://www.beilstein-journals.org/bjoc/content/pdf/1860-5397-4-48.pdf. 
  2. ^ Bermejo, A.; Figadère, B.; Zafra-Polo, M.-C.; Barrachina, I.; Estornell, E.; Cortes, D. (2005年). “Acetogenins from Annonaceae: Recent Progress in Isolation, Synthesis and Mechanisms of Action”. Natural Product Reports 22 (2): 269–303. doi:10.1039/B500186M. PMID 15806200.  Erratum: “Back Matter”. Natural Product Reports 22 (3): 426. (2005年). doi:10.1039/B503508M. 

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、アセトゲニンに関するカテゴリがあります。